ウォーターマークホテル札幌

防虫エアカーテン(縦流)1台

居住性の高い、くつろぎの空間を提供

2008年にオープンしたウォーターマークホテル札幌は、大通り公園とすすきのの間にあり、ビジネスにも、観光にも便利な立地。
東西900mのアーケードに約200店舗が建ち並ぶ狸小路商店街に面していて、ショッピングにも最適です。

繁華街のなかに立地する同ホテルでは、オープン当初から周辺の飲食店から飛んでくる虫への対策に悩まされてきました。
トルネックスの『防虫エアカーテン』をご導入いただき、快適なホテル空間を実現しています。

― トルネックスの『防虫エアカーテン』導入の経緯をお聞かせください

今回、『防虫エアカーテン』を設置した入口は、冬場に風や雪が吹き込まないように奥まった構造になっています。日陰で風通しも悪いため、5月から10月の間は近隣の飲食店で発生したハエがたまりやすくなっていました。

防虫効果のある香りを散布したり、電気で集めて殺虫するタイプの機器を取り付けたりしましたが、ハエにはそれほど効果が見られない状況で、毎年、虫対策に悩まされていました。

今年も虫が出る季節を迎えて「風があるところはハエがたまらない」という話になり、「エアカーテン」と「防虫」をネット検索したら、トルネックスさんの商品にヒットしました。
自動ドアで取引のある寺岡ファシリティーズさんが代理店と聞いて声をかけ、すぐに導入が決まりました。

― 導入後の効果はいかがですか?

導入してすぐに効果がはっきり現れました。これまでの苦労がほぼ解消され、本当に重宝しています。以前は、入口の前でハエがぐるぐる飛んでいて、出入りの際にホテル内に入り込み、1階のレストランまで飛んでくるので、お客様に不快な思いをさせていました。

設置後は、ハエの数も減っていますし、エアカーテン効果で入口の1m手前で逃げていき、ホテル内に入る率は3分の1以下に減りました。
完全にシャットアウトできていないのは、入口がほかにもあるためでしょう。
しばらく様子を見ますが、他の入口への導入も検討しています。